エンタメ

町田啓太の生い立ち・幼少期から現在まで!デビューのきっかけも!

今回は、ドラマ「テッパチ!」の国生宙(こくしょう・ひろし)が話題の町田啓太さんに関する話題をお届けします。

「「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい中学生日記」「太陽とボレロ」などに出演しイケメンで人気抜群の町田啓太さんですが、幼少期から現在までどのような生い立ちで育ったのでしょうか?

どのような経緯でデビューしたのかも気になりますね。

町田啓太さんの生い立ちや、デビューのきっかけをご紹介します。

▼こちらも読まれています▼

 

スポンサーリンク


町田啓太の生い立ち・幼少期から現在まで!

 

この投稿をInstagramで見る

 

町田啓太(@keita_machida_official)がシェアした投稿

まずは町田啓太さんの生い立ちからご紹介します。

出生 生年月日 1990年7月4日・群馬県に生まれる
小学校 吾妻町立太田小学校 1997年4月入学・2003年3月卒業
中学校 吾妻町立太田中学校 2003年4月入学・2006年3月に卒業
高校 日本航空第二高校学校 2006年4月入学・2009年3月卒業
大学 日本体育大学 2009年4月入学し、2013年3月卒業

小学校から現在に至るまでのエピソードや出身学校などを詳しくお伝えします。

スポンサーリンク



町田啓太の小学生時代

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

町田啓太(@keita_machida_official)がシェアした投稿

町田啓太さんは、吾妻町立太田小学校出身です。

大自然に囲まれて育った町田啓太さんは、活発で元気な男の子でした。小学生の頃は野球、水泳、バスケットボー、スキー、スケートなどスポーツが大好き少年だったそうです!

小学2年生の頃から剣道を習い始め、中学生まで続け二段を取得したそうです。

自然豊かな地元の河川敷で遊んだり、自転車に乗ったりして少年時代を過ごしていました。

両親が共働きで、おじいちゃんおばあちゃんと3世代同居をしていた町田さん。

ご両親が共働きでしたが、寂しいと思ったことがないのは祖父母がそばにいてくれたからだと語っています。

おばあちゃんはすごく穏やかで、僕のなかではマリア様みたいな感じの人、反対におじいちゃんはすごく厳しい人だったとのこと

すごく個性的なおじいちゃんで、お箸の持ち方など食事のマナーに厳しく学校から帰宅したらすぐに宿題をしろ! って言われていたそうです。

スポンサーリンク


町田啓太の中学生時代

町田啓太さんは吾妻町立太田中学校出身です。

中学校では硬式野球部に所属していました。大人になった今でも休日には大学時代の友達と草野球やキャッチボールをする機会があるそうです。

2021年5月8日に福岡・PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクホークスvs西武ライオンズの試合では始球式に登板!104kmの直球を投げました。

また、中学時代ではみんな携帯電話を持ち始めた頃だったそうで、他の学校の女の子と連絡を取り合うなどドキドキの経験もあるそうです。

すでに身長も現在と同じくらいあり、他校に行くと驚かれることも多く人生最大のモテ期だったと振り返っておられます。

中学時代、モテるためにダンスを始めたそうです!


スポンサーリンク



町田啓太の高校生時代

中学校を卒業した町田啓太さんは、パイロットになるために日本航空第二高校学校へ進学しました。

せっかく目指したパイロットでしたが、視力の問題でパイロットになる夢を諦め、体育教師を目指します。

高校時代の部活はダンス部でキャプテンも務めました。

県内で行われたダンスの発表会では。町田啓太さんを一目見ようとファンが100人集まるなど、その頃からすでに大人気だったようです。

高校時代にはダンスだけでなく、危険物取扱乙種や航空特殊無線、ガス溶接などの資格を取得したそうです。

スポンサーリンク


町田啓太の大学生時代

 

この投稿をInstagramで見る

 

町田啓太(@keita_machida_official)がシェアした投稿

町田啓太さんは体育教師になるために日本体育大学に進学します。

同級生にはEXILEメンバーの関口メンディーさんがいました。お二人はダンスサークルに所属していました。

関口メンディーさんのお話よると、町田啓太さんはとにかく女子にモテモテだったそうです。

イケメンでダンスが上手くて長身!女子たちも気になって仕方がないですね。

スポンサーリンク



町田啓太の家族エピソード

 

この投稿をInstagramで見る

 

町田啓太(@keita_machida_official)がシェアした投稿

町田啓太さんは、父・母・姉・妹の5人家族。

お父さんのご職業は不明ですが、お母さんは教師をしておられたとのこと。大学で体育教師を目指したのもその影響があるのかもしれませんね。

お母さんは明るく、器用な方だったそうです。

「母は働いていて、必ず帰ってきて夕飯をちゃんと作ってくれていたのですが、冷凍食品の入ったお弁当に文句を言っていたみたいなんです(苦笑)。僕はあまり覚えていないのですが、先生がそのことをよく覚えていて、今でもイジられるんです。子どものときは、無邪気にそういうことを言っちゃうんですよね。大人になって考えてみると、働きながら忙しいなかやってくれていたんだなぁと感謝しますよね」

引用元:VERY

 

女性のご家族が多い中で育った町田啓太さん。

「うちもカカア天下で、女性がしっかりしているんです。僕には姉と妹がいて、女性に囲まれて育ちました。母はしっかりした人で、おばあちゃんはものすごく優しい人で。姉は自由奔放系、妹はすごく頭がいい。それぞれ違う個性で、いろんなタイプの女性を見られましたね(笑)。」

引用元:VERY

 

「今でも僕、男一人でも女子会とか入れると思います。女性って強いなって思うことも多くて、リスペクトも強い。あと、良い意味で、こうあって欲しいみたいな願望がないかも(笑)」とインタビューで話されています。

 

そして、2016年の10月に妹さんが結婚されたことをインスタグラムで発表されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

町田啓太(@keita_machida_official)がシェアした投稿

 

甥っ子さんのことをとても可愛がっておられる様子がインスタグラムからわかります

 

この投稿をInstagramで見る

 

町田啓太(@keita_machida_official)がシェアした投稿

スポンサーリンク


デビューのきっかけ!

大学2年生の時にスカウトされた、ダンススクール「EXPG東京校」に特待生として入りました。

その後すぐに劇団EXILEのオーディションのを受けます。

2000人の中から見事合格を勝ち取り、マンガが原作の舞台ろくでなしBLUES(2010年公演)」の渡久地兄弟役俳優デビューを果たしました。

しかしこの舞台の公演中に、左足アキレス腱断裂という大ケガを負ってしまい舞台を降板、数ヶ月の療養を余儀なくされます。

その後ケガは順調に回復し、2011年LDH所属のダンス&ヴォーカルユニットの「GENERATIONS」の候補メンバーに選ばれ、劇団EXILEを脱退します。

芝居の奥深さというか、「終わりのない」魅力にハマったインタビューで語られています。

その後の活躍は「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(2020年製作)」の黒沢優一役、中学聖日記(2018年製作)」の川合勝太郎役、「青天を衝け(2021年製作)」の土方歳三役、太陽とボレロ」の田ノ浦圭介役などドラマや映画に多数出演し、今や人気俳優として第一線で活躍中です。

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」では、第106回 ザテレビジョン ドラマアカデミー賞では助演男優賞を受賞しておられます。

今後も様々な役柄にチャレンジしていただき、新しい一面を見せて欲しいと思います。

スポンサーリンク



まとめ

今回は、町田啓太さん生い立ちについてお話しました。

町田啓太さんは色々な道を志し、最終的に現在は俳優の道を選ばれています。

年齢を重ねるにつれ、幅広い役を演じていける俳優さんだと思っています。

今後も町田啓太さんの活躍から目が離せませんね!

 

スポンサーリンク